【テーマ】 第一線で活躍する外部講師を招き新しいスタイルの授業を行う。服飾についての感性を磨き、問題解決能力や実践力などを身につけるように、斬新なカリキュラムを編成している。

【授業概要】 ファッション業界で活躍している卒業生や業界の第一線の方を招いて講義をしていただく。毎回違った内容と講師により、オムニバス形式による授業が展開される。素材メーカーの生産担当者、服飾付属メーカーの開発担当者、アパレル企業のデザイナー、服飾雑貨デザイナー、ラグジュアリーブランドの販売担当などによる幅広い分野の生きた最新の講義が展開される。

【到達目標】 ファッション業界の第一線で活躍している講師の講義を聴き、各人が求めている服飾界の現状を知り、専門分野への知識を深める。

【実務経験の有無】

【実務経験の内容】 ファッション業界での、生産、商品企画、営業など実務経験を有する
経験を生かして、素材メーカーの生産担当、アパレル企業のMD、百貨店のバイヤー等実務経験 者をゲスト講師に招き、業界の現状を紹介する。

【学位授与方針】 社会と環境の変化に関心を持ち、多様な価値観や状況に対応できる衣生活の提案と実現に向けて協働して取り組むことができる。

【授業計画】

1回 ガイダンス
ガイダンス

2回 外部講師講演(1)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

3回 外部講師講演(2)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

4回 外部講師講演(3)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

5回 外部講師講演(4)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

6回 外部講師講演(5)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

7回 外部講師講演(6)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

8回 外部講師講演(7)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

9回 外部講師講演(8)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

10回 外部講師講演(9)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

11回 外部講師講演(10)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

12回 コンペ作品発表会
コンペ作品の各賞発表会(企業様とのコラボ予定)

13回 外部講師講演(11)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

14回 外部講師講演(12)
毎回異なる講師を招き講演を聴く。

15回 総括
全体を振り返り今後の業界を展望する。

【教科書名】 特に指定しない。

【参考図書】 適宜必要に応じ指示することがある。

【評価方法】 毎回のレポート 60%
コンペ作品 40%

【履修について】 なし

【事前・事後学習等】 事前学習(1.5h):毎回の外部講師についてその企業や職務について調べておくこと。
事後学習(1.5h):各回の講義についてレポートを作成しmanaba courseにて提出。

【キーワード】 manaba course

【備考】 外部講師の都合で日程や開始時刻が変更される場合がある。
外部講師の企業より提供していただいた素材で課題に取り組むので、課題に縫製が含まれる。