【テーマ】 障害児保育Ⅰの障がい児に関する基礎的な知識・理解を踏まえて、障害児保育の実践の具体的な技術と方法、保護者、関係機関との連携・協働の実際について概説する。

【授業概要】 障害児保育Ⅰの障がい児に関する基礎的な知識・理解を踏まえて、障害児保育の技術や方法について実践的な知識と技能を教示する。具体的にはグループワーク、ロールプレイ等を実施する。さらに障害児と関わる保健・医療・福祉、地域との連携・協働の内容と方法について概説する。

【到達目標】 障害児保育の技術や方法についての実践的な知識と技能を習得する。障害児と関わる保健・医療・福祉、地域との連携・協働の内容と方法について理解する。

【実務経験の有無】

【実務経験の内容】 子どもの心理発達支援における発達のアセスメント、障害児の親の会に関わる経験を有する
実務経験を活かして障害児保育と保護者支援の実際を伝える授業を行う。

【学位授与方針】 実験・実習・演習を通じて、豊かで幸せな暮らしをデザインする高い実践力を獲得している。

【授業計画】

1回 障害児保育Ⅱについて
障害児保育Ⅰ振り返りと障害児保育Ⅱについて

2回 障害児保育の方法と形態
障害児及びその他の特別な配慮を必要とする子どもの保育の方法

3回 基本的生活習慣獲得の援助①
食事・排せつ・着脱衣と清潔な身だしなみ

4回 基本的生活習慣獲得の援助②
社会性と協調性の育ち

5回 集団生活と遊びの援助①
障害のある子どもと集団生活

6回 集団生活と遊びの援助②
子ども同士の関わり合い、育ち合い

7回 集団生活と遊びの援助③
職員間の連携・協働

8回 保育課程における指導計画
統合保育と個別指導計画

9回 障害児保育の記録と評価
記録と評価の考え方とPDCAサイクル

10回 家庭及び自治体・関係機関との連携(1)
障害のある子どもの保健・医療・福祉政策

11回 家庭及び自治体・関係機関との連携(2)
小学校・特別支援学校・地域の社会資源との連携

12回 障害児保育における保育の実際(1)
ADHDの子どもへの支援

13回 障害児保育における保育の実際(2)
自閉スペクトラム症の子どもへの支援

14回 障害児保育における保育の実際(3)
障害のある子どもの支援における地域連携

15回 授業のまとめ
授業テーマに沿って総括し、学びの達成度を確認する

【教科書名】 演習・保育と障害のある子ども (学ぶ・わかる・みえる シリーズ保育と現代社会)  みらい 
編集 野田敦史他 

【参考図書】 適宜授業時に指示する。

【評価方法】 課題・レポート等90%、平常点10%により評価する。

【履修について】 なし

【事前・事後学習等】 事前学習(1.5時間)として教科書の該当箇所を読み、事後学習(1.5時間)として授業で扱った内容を復習する。

【キーワード】 アクティブラーニング/manaba course/ディスカッション/プレゼンテーション/

【備考】 授業後にアンケートを実施し、質問等には次回授業以降に回答、追加説明を行う。