【テーマ】 保育所保育指針で示された保育の基本を踏まえ、5領域のねらい及び内容についてその背景となる専門領域と関連させながら理解を深める。また乳幼児期の発達に即して深い学びが実現する学びの過程を理解し、具体的保育場面を想定した保育の構想、指導方法について解説する。

【授業概要】 保育所における保育の基本的構造と5領域との関連を踏まえ、各領域のねらい及び内容について理解を深め、子どもの興味や発達段階に即して具体的な保育場面を想定した計画を立案、実施、評価、反省を通して保育実践における構想、指導する方法を身に付ける。

【到達目標】 ①保育の基本的構造と5領域との関連を理解する。②子どもの興味や発達段階を視野に入れた保育構想の重要性を理解している。③指導計画の構造を理解し、具体的な保育を想定した指導案作成、実施、振り返りを通して保育を改善する力を身に付ける。

【実務経験の有無】

【実務経験の内容】 幼稚園教諭、保育士、臨床発達心理士の実務経験を有する
実務経験を生かして保育内容の指導法について理解を深め、保育実践における具体的保育場面を想定した計画を立案、実施できる力を身に付ける科目である。

【学位授与方針】 実験・実習・演習を通じて、豊かで幸せな暮らしをデザインする高い実践力を獲得している。

【授業計画】

1回 保育内容の基本的構造と5領域のねらい及び内容
保育内容と5領域のねらい及び内容について

2回 乳幼児期の活動と小学校の教科との学びの連続性
乳幼児期の活動と小学校の教科との連続性について具体的事例について

3回 保育における指導計画の実際(部分実習指導案、責任実習指導案)
部分実習、責任実習の具体的指導計画について

4回 教材研究と指導計画の立案① 教材研究「身近な素材(新聞紙)を使用した活動」3歳未満児
3歳児未満児の新聞紙を使用したあそびについて(教材研究)

5回 教材研究と指導計画の立案② 計画立案「身近な素材(新聞紙)を使用した活動」
3歳児未満児の新聞紙を使用したあそびについて(計画立案)

6回 教材研究と指導計画の立案③ 模擬保育「身近な素材(新聞紙)を使用した活動」
3歳児未満児の新聞紙を使用したあそびについて(模擬保育)

7回 教材研究と指導計画の立案④ 振り返り、改善「身近な素材(新聞紙)を使用した活動」
3歳児未満児の新聞紙を使用したあそびについて(評価・反省・改善)

8回 教材研究と指導計画の立案① 教材研究「身近な素材を使用したお店屋さん」3歳以上児
3歳以上児のお店屋さんごっこの活動について(教材研究)

9回 教材研究と指導計画の立案② 計画立案「身近な素材を使用したお店屋さん」
3歳以上児のお店屋さんごっこの活動について(計画立案)

10回 教材研究と指導計画の立案③ 模擬保育「身近な素材を使用したお店屋さん」
3歳以上児のお店屋さんごっこの活動について(模擬保育)

11回 教材研究と指導計画の立案④ 振り返り、改善「身近な素材を使用したお店屋さん」
3歳以上児のお店屋さんごっこの活動について(評価・反省・改善)

12回 一日責任実習へ向けた指導計画作成①(登園~降園まで)作成上の留意点、配慮事項
責任指導計画作成上の基本と留意事項について

13回 一日責任実習へ向けた指導計画作成②(登園~昼食まで)
登園から昼食までの指導計画の立案

14回 一日責任実習へ向けた指導計画作成③(午睡~降園まで)
午睡から降園までの指導計画の立案

15回 計画内容の実施からみえる反省、評価、改善の意義
保育実践におる計画立案、実施、反省、評価、改善を行う意義について

【教科書名】 特に指定しない

【参考図書】 平成29年告示「保育所保育指針解説書」平成29年告示「幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説」

【評価方法】 課題70%参加態度、課題への取り組み30%により総合的に評価する

【履修について】 児童福祉コースに在籍し保育士資格取得予定の者のみ可。

【事前・事後学習等】 事前学習:次回授業内容に関連する課題を行う(1.5h)
事後学習:授業で配布された資料の内容を確認する(1.5h)

【キーワード】 ICT/アクティブラーニング/ディスカッション/プレゼンテーション/manaba course

【備考】 本授業は、児童福祉コースで保育士資格取得を目指す方を対象とした科目です。保育士資格取得を希望する方は必ず履修するようにしてください。