【テーマ】 実際に着装する機会も多く、一般的には「キモノ」と表現されるあわせ長着の製作を行う。和服の中で基準となるもので、和服を理解するうえで欠かせないものである。

【授業概要】 大裁女物あわせ長着の製作を行う。三種類の生地を使用して、個人の身長程もある丈の釣り合いをとるには、布の扱い方、正確な寸法、正確なしるしつけなど多くのことが関係することを説明し、緻密な作業が必要であることを解説する。なお、絹、化繊、木綿、ウール等材料は問わない。

【到達目標】 大裁女物あわせ長着の製作を通して、あわせ長着の構造を把握し高度な縫製技術を習得する。

【学位授与方針】 衣服に関する情報収集、分析そしてマネージメントができる力を身に付け、人々が様々な環境に対応できる異素材、衣服、衣生活を考えることができる。

【授業計画】

1回 大裁女物あわせ長着の形態と材料選択
素材による縫製の違いはないが、模様等で区分のあることを学ぶ。

2回 表地の裁断
布目を通して裁つ要領を学び、地直しの必要性とその方法を知る。

3回 裏地の裁断
裾回し布を裁ち、これにより胴裏の寸法を算出し、胴裏布を裁つ。

4回 袷袖の縫製(1)
表袖・袖口布・裏袖のしるしのつけ方。

5回 袷袖の縫製(2)
袖口布のつけ方・表裏の袖口のあわせ方。

6回 袷袖の縫製(3)
袖口下及び袖下の縫い方。

7回 袷袖の縫製(4)
丸みの整え方。袖口・袖下の飾りじつけの仕方。

8回 袷袖の縫製(5)
袖幅のしるしのつけ方。振りの縫い方。整え方。

9回 表身頃・裏身頃の整理としるしつけ(1)
表身頃の内揚げの縫い方と背縫。

10回 表身頃・裏身頃の整理としるしつけ(2)
表身頃のしるしのつけ方。

11回 表身頃・裏身頃の整理としるしつけ(3)
裾回し、胴裏の背縫。胴接ぎのしるしのつけ方と縫い方。

12回 表身頃・裏身頃の整理としるしつけ(4)
裏身頃のしるしのつけ方。

13回 表衽・裏衽の整理としるしつけ
裏衽の胴接ぎ。表裏の衽のしるしつけ。

14回 表衿・裏衿の整理としるしつけ
裏衿の胴接ぎ。表裏衿のしるしのつけ方。

15回 身頃の縫製(1)
表身頃の衽つけ。表身頃の脇縫。

【教科書名】 なし

【参考図書】 平面構成学実習Ⅳ

【評価方法】 作品(80%)理解度及び実習中の態度(20%)を総合して行う。

【履修について】 後期の平面構成学実習Ⅲを履修することが望ましい。
平面構成学で卒業制作を希望する者は、履修することが望ましい。

【事前・事後学習等】 事前学習として、関連資料等の読了を求めます。
事後学習としては、その回の作業終了まで1h程度かかる場合もある。

【キーワード】 対話型授業

【備考】 なし