【テーマ】 博物館における資料のデジタル化とバーチャル博物館の可能性について考える。

【授業概要】 近年、博物館においても資料情報のデジタル化の推進が図られており、博物館資料のみならず博物館の存在する周辺地域の景観さえも情報化されることで地域文化資源のデジタル化が進んでいる。また、昨今の社会情勢に対応する形で、バーチャル博物館が多く開設されている。本授業では、博物館資料デジタル化やバーチャル博物館の具体例に関する研究や実践を通じて、その可能性について考えていく。

【到達目標】 博物館資料のデジタル化及びバーチャル博物館に関する基本的知識・技術の習得。

【学位授与方針】 国際化の時代に異文化交流に役立つ、世界の中での日本文学、日本語について理解する力を身につけている。(日文)
現代文化の担い手として社会で活躍する意欲と行動力を身につけている。(文芸)

【授業計画】

1回 授業の目的
授業内容と取り組み方について説明する。

2回 博物館資料のデジタル化について(1)
博物館資料のデジタル化の概要について解説する。

3回 博物館資料のデジタル化について(2)
博物館資料のデジタル化の方法について解説する。

4回 資料のデジタル化実践(1)
グループにわかれ、資料のデジタル化を実践する。
調査・研究方法を例示しながら、国府台周辺の歴史・文化を解説する。

5回 資料のデジタル化実践(2)
グループにわかれ、資料のデジタル化を実践する。

6回 資料のデジタル化実践(3)
グループにわかれ、資料のデジタル化を実践する。

7回 博物館資料のデジタル化に関する討議
研究・実践を通じた博物館資料のデジタル化の可能性について討議する。

8回 バーチャル博物館について(1)
バーチャル博物館の概要について解説する。

9回 バーチャル博物館について(2)
バーチャル博物館の実践例について解説する。

10回 バーチャル博物館の実践(1)
デジタル化した資料を素材にバーチャル博物館を構築する。

11回 バーチャル博物館の実践(2)
デジタル化した資料を素材にバーチャル博物館を構築する。

12回 バーチャル博物館の実践(3)
デジタル化した資料を素材にバーチャル博物館を構築する。

13回 バーチャル博物館の実践(4)
デジタル化した資料を素材にバーチャル博物館を構築する。

14回 バーチャル博物館に関する討議
研究・実践を通じたバーチャル博物館の可能性について討議する。

15回 全体のまとめ
授業についての総括を行う。

【教科書名】 なし。

【参考図書】 必要に応じて指示・紹介する。

【評価方法】 授業に取り組む姿勢・態度70%、期末レポート30%

【履修について】 なし。

【事前・事後学習等】 事前に配付された資料を熟読し、事後は自分の考えをまとめておく。

【キーワード】 ディスカッション/フィールドワーク

【備考】 授業は面接授業+遠隔オンデマンド型で行う予定である。遠隔授業となる場合には、講義内容や評価方法が変更されることがある。
講義内容は必要に応じて変更することがある。
質問や学習相談には、授業後やオフィスアワー・メール・個別指導コレクション等で随時対応する。