【テーマ】 現在、日本では、新しい時代の教育の在り方が議論され、様々な改革が進められている。本授業では、現代日本の教育政策上の課題や教育問題を、教育制度の基本的な考え方や歴史的経緯、教育行政学の理論を踏まえて理解することで、教育制度の機能と構造を理解をもとに教育の在り方を考えていく。

【授業概要】 教育や学校に関する個別テーマを毎回の授業主題として設定し、教育行政・教育行政学の見地から検討することを通じて、日本の教育制度の意義・原理・構造の法的・制度的仕組みについての理解を促す。そして、さまざまな教育課題について、事実やデータに基づいて自分の見解を伝えることができるようになることを本授業の目的とする。
本授業は、講義が中心となるが、授業人数を踏まえ、可能な限り学生参加型授業(ディスカッション・グループワーク等)を組み合わせて行う。各回ごとに、授業資料を事前に配布するので、受講生が「事前教材」を授業前に事前学習をしてから授業に臨むスタイルで行う。 また、毎回の授業では、リフレクションシートを用い、コメントの記載を求めるとともに、その記載内容を受講生全体にフィードバックすることで、理解の促進を図る。

【到達目標】 (1)日本における公教育制度の意義・原理・構造について、その法的・制度的仕組みを理解したうえで、そこに内在する課題を説明することができる。
(2)地域連携や学校安全を含む、さまざまな教育課題について、課題を把握し、事実やデータに基づいて自分の見解を整理して伝えることができる。

【学位授与方針】 資格・免許状取得(教職・学芸員・司書)のための知識や技術を身につけ、社会に貢献する力をつける。

【授業計画】

1回 イントロダクション
教育行政と学校制度の基本的構造(諸外国との比較を含む)

2回 教育制度の基本的考え方
日本国憲法・教育基本法・教育振興基本計画

3回 教育行政と学校の関係
国と地方自治体の役割

4回 地方教育行政
地方教育行政と教育委員会制度

5回 義務教育制度の基本構造と特徴
年齢主義・就学制度・学級制度

6回 学校制度改革と教育行政
学校選択・学校評価

7回 地域と学校の関係
コミュニティ・スクール、学校支援地域本部等

8回 学校経営の基本的仕組み
教員組織・校務分掌

9回 教員と教育行政
教員養成と教員に関する教育行政法規

10回 教育課程と教育行政
教育課程と学習指導要領・教科書制度

11回 教育問題と教育行政
いじめ・体罰・児童虐待

12回 学校の安全管理
学校内の事故・災害と学校

13回 情報化社会の中の学校
学校の情報管理と責任

14回 教育の機会均等と教育行財政
就学援助制度等

15回 教育行政の現状と課題(諸外国との比較を含む)
日本の教育改革の特徴、最終確認テスト

【教科書名】 青木栄一編『教育制度を支える教育行政』ミネルヴァ書房、2019年

【参考図書】 勝野正章・藤本典裕 編『教育行政学 改訂新版』学文社、2015年
・河野和清編『新しい教育行政学』ミネルヴァ書房、2014年
・平原春好編『概説 教育行政学』東京大学出版会、2009年
・『ハンディ教育六法』北樹出版、『教育小六法』学陽書房、『教育六法』三省堂、などの「教育六法」を手元に用意しておくことが望ましい。

【評価方法】 授業のワークシートの状況(40%)、レポート(30%)、最終確認テスト(30%)

【履修について】 なし

【事前・事後学習等】 ○事前学習:ワークシートに教科書他からまとめた予習内容を記入する(各回概ね2時間)。
○事後学習:ワークシートに授業での学びの振り返りを記入する(各回概ね2時間)。

【キーワード】 対話型授業/アクティブラーニング

【備考】 グループワーク等の取り組みを記述するワークシートをもとに、評価すべき点と課題となる点についてフィードバックを行い、学習の深化を促す。