【テーマ】 立体裁断Ⅰで学んだ立体裁断の基礎を踏まえ、襟のバリエーションやテーラードジャケットの立体裁断を通して、より高い技術力と表現力の習得を目指し解説・実演する。

【授業概要】 襟や身頃のバリエーションについて解説・実演する。襟の仕組みについても解説する。
テーラードジャケットの立体裁断では、軽衣料とは異なるゆとりの入れ方や、4面体のシルエットの作り方と仕組みについて解説・実演する。
デザイン分析・テープ貼り・トワルの見積もりなど、立体裁断Ⅰで習得した内容を更に応用できるよう教授する。

【到達目標】 より高い立体裁断の技術を身に付けるとともに、デザイン分析及びそれを表現できるパターンメイキングに連動した立体裁断を理解する。

【実務経験の有無】

【実務経験の内容】 パタンナーとしてアパレル企業勤務および衣装家としての実務経験を有した教員がその経験を活かして実践的に個別指導する科目である。

【学位授与方針】 高度な課題の達成を通じ、協調性、忍耐力を醸成しものづくりの精神を有している。

【授業計画】

1回 ガイダンス
スケジュール・内容について

2回 バリエーションⅠ サイドダーツ・スタンドカラー①
トワルの見積もり方・デザイン分析・テープ貼り・前後身頃

3回 バリエーションⅠ サイドダーツ・スタンドカラー②
襟・ポワンテ・レグラージュ・パターントレース・再組み立て

4回 バリエーションⅡ ゴージダーツ・ハイネック①
トワルの見積もり方・デザイン分析・テープ貼り・前身頃

5回 バリエーションⅡ ゴージダーツ・ハイネック②
後ろ身頃・襟・ポワンテ・レグラージュ・再組み立て

6回 バリエーションⅢ プリンセスライン・フラットカラー①
トワルの見積もり方・デザイン分析・テープ貼り

7回 バリエーションⅢ プリンセスライン・フラットカラー②
前後身頃・襟

8回 バリエーションⅢ プリンセスライン・フラットカラー③
ポワンテ・レグラージュ・再組み立て

9回 テーラードジャケットの立体裁断①
トワルの見積もり方・デザイン分析・テープ貼り

10回 テーラードジャケットの立体裁断②
前後身頃

11回 テーラードジャケットの立体裁断③
さいばら・身頃まとめ

12回 テーラードジャケットの立体裁断④
ラペル・上襟・ポワンテ

13回 テーラードジャケットの立体裁断⑤
レグラージュ・パターントレース・修正・再組み立て

14回 テーラードジャケットの立体裁断⑥
袖の製図・袖付け

15回 テーラードジャケットの立体裁断⑦
仕上げ パターンを完成させる

【教科書名】 なし

【参考図書】 ドレーピング:完全講習本 キャロライン・キース著

【評価方法】 製作物60% 授業態度40%

【履修について】 立体裁断Ⅰの単位習得者

【事前・事後学習等】 各授業で進んだ内容は、遅れたままにせず、次回までに進めて終わらせておくこと。

【キーワード】 双方向授業/manaba course

【備考】 テキストは用いず授業内で細かく解説・指導する。
ドレーピング立体裁断Ⅰの内容とこれまでに履修した洋裁関係の製図をよく復習し理解しておくこと。
manaba course使用。
パターンメーキング技術検定試験2級受験を目指す。