【テーマ】 世帯構造の変化、少子高齢化、高度情報化、国際化の進展などの社会経済状況の変化による消費生活の変容、消費者問題の発生と実態、自立した消費者として必要な知識について概説する。

【授業概要】 経済社会や人々の生活様式の急激な変化、規制緩和の推進に伴って、消費者問題が多様化・複雑化するとともに、新たな形態の消費者問題が発生していることについて概説し、消費者被害の未然防止と被害者救済のための方策について考察する。

【到達目標】 ①消費者問題の発生の背景や実態、②消費者の権利と責任、③消費者政策と消費者行政、④企業の消費者対応、⑤消費者教育の必要性、⑥消費生活と情報について理解する。

【学位授与方針】 社会と環境の変化に関心をもち、多様な価値観や状況に対応できる衣生活の提案と実現に向けて協働して取り組むことができる。

【授業計画】

1回 オリエンテーション
消費者として生きる自覚と責任について

2回 消費者問題の基礎(1)
消費者問題の発生の背景、消費者問題の多様化と複雑化

3回 消費者問題の基礎(2)
消費者を取り巻く社会経済状況と消費生活の変化

4回 消費者問題と消費者対策(1)
消費者生活と法律、消費者政策の転換

5回 消費者問題と消費者対策(2)
消費者基本法、消費者政策の理念、消費者行政

6回 消費者問題の展開(1)
消費者生活の安全確保、計量・規格の適正化、広告・表示の適正化

7回 消費者問題の展開(2)
消費者契約の適正化、苦情処理

8回 企業の消費者対応(1)
事業活動における事業者と事業団体、消費者対応部門の役割と機能

9回 企業の消費者対応(2)
消費者対応部門の課題、事業者団体の消費者対応

10回 消費者教育(1)
消費者教育発展の歴史、消費者教育の担い手

11回 消費者教育(2)
消費者教育の内容と方法

12回 消費者教育(3)
消費者教育と関連領域、消費者教育の海外動向

13回 消費者生活情報(1)
消費者生活と情報、表示・広告情報、消費者相談情報

14回 消費者生活情報(2)
危害・危険情報、製品事故情報、商品テスト情報

15回 持続可能な社会をめざして
消費生活と環境問題、消費者としての社会参画

【教科書名】 『衣料管理士養成のための消費生活論』 社団法人 日本衣料管理協会

【参考図書】 授業中に適宜紹介していく。

【評価方法】 定期試験、授業内の提出物・課題プリントなどで総合的に評価する。

【履修について】 なし

【事前・事後学習等】 自分の消費生活を振り返ったり、新聞やニュースで報道される消費生活に関する事件や情報に関心を持つこと。

【キーワード】 manaba course/プレゼンテーション

【備考】 なし