【テーマ】 現代の家族を取り巻く社会状況と子育ての現状から、地域子育て支援の必要性と具体的な展開過程を概説する。また、保育者・支援者に求められる子育て支援の役割について教授する。

【授業概要】 子育て支援施策の現状と課題、並びに地域子育て支援の理念とその機能・役割を理解し、子どもの最善の利益を考慮した子育て支援のあり方について考えられるようにする。また、子育て支援施設におけるフィールドワークを通じて、子育て家庭の現状や保護者のニーズを知り、保護者及び地域が有する子育てを自ら実践する力の向上を目指した支援の具体的展開過程や、支援者の役割について考察する。

【到達目標】 ・子育ての現状と課題や子育て支援の意義と必要性を理解する。
・子育て支援の具体的展開過程や支援者の役割を知る。
・親子に対する支援の実際から子育て支援に求められる役割を実践的に考察する。

【実務経験の有無】

【実務経験の内容】 幼稚園教諭あるいは巡回相談指導など、保育・教育現場での実務経験を有する教員が、その経験を活かして保育の専門性に基づく保護者支援、子育て支援に関する内容と方法を、実践的に指導する。

【学位授与方針】 子どもや保育の問題を改善・解決するためのコミュニケーション力と問題解決能力を身につけている。

【授業計画】

1回 オリエンテーション(教員A・B)
授業内容の説明と進め方/現代の子育て家庭の現状と課題

2回 日本における子育ち・子育てをめぐる現状①(教員A)
国の子育て支援施策の変遷と子ども・子育て支援新制度

3回 日本における子育ち・子育てをめぐる現状②(教員A・B)
子育て支援の意義と必要性/配属発表

4回 保育の場における子育て支援の内容と方法①(教員B)
保育の場の特性・保育者の専門性を生かした支援

5回 保育の場における子育て支援の内容と方法②(教員A・B)
地域の子育て家庭に対する支援/オリエンテーション事前指導

6回 地域の子育て親子への支援の内容と方法①(教員A)
子育て家庭に対する支援の具体的展開

7回 地域の子育て親子への支援の内容と方法②(教員B)
個別支援を必要とする家庭に対する支援の実際

8回 子育て支援実践フィールドワークの事前指導(教員A・B)
ねらい、自己課題の設定、記録方法、参加計画、倫理事項

9回 子育て支援実践フィールドワーク①(教員A・B)
地域子育て支援事業の参加観察:親子・支援者の様子、環境構成

10回 子育て支援実践フィールドワーク②(教員A・B)
地域子育て支援事業の聞き取り調査:施設の事業内容・支援内容

11回 子育て支援実践フィールドワーク③(教員A・B)
地域子育て支援事業への参加観察:保護者との関わり

12回 子育て支援実践フィールドワーク④(教員A・B)
地域子育て支援事業の聞き取り調査:支援者の意識と役割

13回 子育て支援実践フィールドワーク⑤(教員A・B)
地域子育て支援事業への参加観察:支援者の職務内容の実践

14回 子育て支援実践フィールドワーク⑥(教員A・B)
地域子育て支援事業への参加観察:評価と反省

15回 フィールドワーク事後指導と授業のまとめ(教員A・B)
フィールドワークの成果報告と総括討議

【教科書名】 渡辺顕一郎・橋本真紀『地域子育て支援拠点ガイドラインの手引』第3版,中央法規出版,2018

【参考図書】 内閣府「子ども・子育て支援新制度 なるほどBOOK」、厚生労働省『平成29年告示 幼稚園教育要領 保育所保育指針 幼保連携型認定こども園教育・保育要領』チャイルド本社,2017 ほか、授業内に適宜紹介する。

【評価方法】 フィールドワークへの取り組み(記録含む)(50%)、フィールドワーク成果報告への取り組み(まとめ資料含む)(50%)を総合的に評価する。なお、本科目は、学外施設でのフィールドワークを含むため、3回以上の欠席には単位を与えない。

【履修について】 ・履修希望者は、必ず初回オリエンテーションに出席すること。
・フィールドワーク先となる子育て支援施設の受入れ人数枠により、履修人数を抽選とする場合がある。

【事前・事後学習等】 事前(1時間):日頃から子育て及び子育て支援に関する情報収集を行い、資料整理する。事後(1時間):テキスト及び授業資料を整理し、知識の定着を図ること。

【キーワード】 アクティブラーニング/manaba course/ディスカッション/プレゼンテーション/フィールドワーク

【備考】 ・フィールドワーク記録及び成果発表に対して、講評・解説を行う。/・フィールドワークの交通費、細菌検査等の費用が発生する場合がある。/・manaba courseを使用する。