【テーマ】 子どもにとって自然とは何かを、子どもの育ちとの関連について概説する。同時に保育における環境の在り方や環境についての知識や方法について体験した学びを通して解説する。

【授業概要】 子どもが環境に自発的に関わることの理解とそのための保育者の配慮や役割について、自身の直接的体験 とその結果のグループ討議等を通じて考察する。また、その基盤となる自然に関する知識について解説する。

【到達目標】 子どもが自然に対してどのように興味・関心をもっていくのか、子どもが自然とかかわることによる意味を理解し、保育者自身の知識や感性、配慮について理解し説明できるようにすることを目標とする。

【実務経験の有無】

【実務経験の内容】 国公立及び私立幼稚園、認定こども園の教員・保育者としての様々な実務経験を有した教員が、その経験を活かして、学生が保育環境および保育の中での環境や、環境を通して行う教育の意味が理解できるよう授業を展開し、指導する科目である。

【学位授与方針】 保育・幼児教育の場で実践する保育者としての専門知識と技能を有している。

【授業計画】

1回 ガイダンス・子どもと環境について
ガイダンス

2回 子どもの育ちと自然環境
自然環境と保育による直接体験の意味

3回 環境とのかかわり・領域「環境」
主体的な環境とのかかわりの意味について・領域「環境」について

4回 環境としての自然1
身近な環境の体験 構内にある自然を探す

5回 環境としての自然2
身近な環境の体験 栽培活動を実際に行う

6回 環境としての自然3
身近な環境の体験 飼育・小動物の理解を映像や資料から学ぶ

7回 環境としての自然4
植物の生育と条件について資料から学ぶ

8回 身体の感覚と自然とのかかわり
自然を感じる活動とその意味

9回 教科「生活科」を知る
小学校「生活科」の内容の理解と幼児期の育ちと小学校教育の違い

10回 特徴のある保育・教育方法と環境
野外環境や自然を用いた保育・教育について考える

11回 自然環境を利用した保育1
野外保育・園外保育・散歩

12回 自然環境を利用した保育2
保育計画の立案

13回 自然環境を利用した保育3
戸外における自然の意味

14回 環境としての自然5
育てたものをどのように活かしていくかを考える

15回 まとめ
授業のまとめと学習の振り返り

【教科書名】 太田光洋・田島大輔他 「保育内容の理論と実践—保育内容を支える理論と指導法」保育出版会

【参考図書】 鈴木海花「虫目で歩けば」P-Vine Book   
レイチェル・カーソン「センス・オブ・ワンダー」 新潮社

【評価方法】 授業・課題・活動・授業毎のリアクションペーパー・学びの参加状況(50%)、期末の知識の確認の成績(50%)を総合して評価する。

【履修について】 なし

【事前・事後学習等】 事前学習(1.5h)事後学習(1.5h)。こどもと環境授業内で事前事後学習を適宜指導する。又毎授業後、学習内容や資料を見直しまとめておくこと。

【キーワード】 manaba course

【備考】 実際の体験を通して学びを深める。普段の生活の中で何気なく過ごしている、身近な環境について考える機会を持ってつくっておく。
適宜、質疑に対応し指導助言を行う。