【テーマ】 理論及び、造形活動の振り返りから、乳幼児の造形表現への理解を深め、保育の場における造形表現活動の指導・援助について考慮する。

【授業概要】 これまでの表現にかかわる学びの中でも造形活動を中心に実施する際の環境構成や留意事項等を実際に制作・表現することを通して学ぶ。また乳時期からの発達をたどり、発達を促す造形活動の事例を紹介しながら、具体的な保育場面において実施する際に必要な工夫する力、応用する力、実践する力について指導案の作成を通して考える。

【到達目標】 ①こどもの造形表現を支えるために必要な、造形的な知識・技能を高める。
②制作・鑑賞することを通して造形表現の面白さを知り、また自らの感性と表現を高め、実践の場で工夫する力、考える力、構想する力を身につける。

【実務経験の有無】

【実務経験の内容】 保育士として私立保育園勤務および保育所における造形指導の実務の経験を有する教員が、その経験を生かして保育者として求められる造形に関する視点や知識・技能等を指導する科目である。

【学位授与方針】 保育・幼児教育の場で実践する保育者としての専門知識と技能を有している。

【授業計画】

1回 ガイダンス
授業の概要について 

2回 発想力を鍛える①
ウォーミングアップ -かたちから発想する-

3回 発達に応じた教材や画材について考える
対象年齢に応じた変身カードの作成・鑑賞

4回 乳児の造形発達と表現活動
先行研究から描画・造形活動の発達の流れを知る

5回 画材の特徴を知る①
クレヨン・クレパスなどの特徴を知る

6回 画材の特徴を知る②
絵の具の特徴を知る

7回 紙の特徴を生かした表現活動
紙を使った遊びを考える

8回 光と造形
環境構成と鑑賞

9回 版画による表現①
版画の種類・特徴を学ぶ

10回 版画による表現②
版画の特徴を生かした表現を知る

11回 粘土の特徴を知る
粘土の種類と扱い方について学ぶ

12回 粘土による造形①
対象物を鑑賞し、その特徴を捉える

13回 粘土による表現②
表現技法を習得する

14回 粘土による表現③
発表・鑑賞会

15回 まとめ
ポートフォリオを基に各課題の振り返りをする

【教科書名】 島田由紀子他『コンパス表現』建帛社
北沢昌代他『子どもの造形表現-ワークシートで学ぶ-第2版』開成出

【参考図書】 平成29年告示幼稚園教育要領、保育所保育指針 、幼保連携型認定こども園教育・保育要領(及びこれらの解説)

【評価方法】 授業での課題、発表、まとめたものなど、総合的に評価する。
・各課題への取り組みおよび振り返りの評価50%
・ポートフォリオ・レポートの評価50%

【履修について】 なし

【事前・事後学習等】 事前学習(0.5h)次の課題のアイディアのたたき台を考える。事後学習(2.5h)学んだこと、深めたことをポートフォリオにまとめる。

【キーワード】 アクティブラーニング/ディスカッション

【備考】 積極的な授業への参加を求む。
他教科との関連でシラバスの回を入れ替えることもある。
発表やポートフォリオ・レポートに対して適宜コメントする。