【テーマ】 大学生としての基本的な心構えを身につけ、大学での学習に欠かせない知識・技能・方法などを主体的・能動的に学ぶ。

【授業概要】 大学と大学生、授業への臨み方とノートの取り方、メディアセンターの利用を含む文献検索、課題解決のための方法、日本語能力の向上とレポートの書き方、討論や発表の方法、本学類で学ぶための基本的な図書、といったことがらを主として扱う。グループ活動を含む能動的な学習を主体とする。

【到達目標】 大学生としての自覚を高め、和洋女子大学の本学科で学ぶ意義を理解する。基礎的知識と学びの方法、とくにレポート作成や発表の力を身につける。

【学位授与方針】 和洋女子大学を理解し、大学での学びから社会人に向けた基礎力をつける。

【授業計画】

1回 オリエンテーション
授業の目的と内容説明、大学における単位と授業形態・話を聞く態度

2回 自己紹介
名札や自己紹介文の作成(勉強したい事等)

3回 和洋女子大学と服飾造形学科の歴史
資料館見学、学園史に出てくる重要な人物、事柄について知る

4回 服飾学科としての基礎学習(1)
素材の特徴を学ぶ、基本的な織組織を学ぶ

5回 服飾学科としての基礎学習(2)
服飾専門用語を学ぶ(製図用語・縫製用語・業界用語など)

6回 メディアセンターの利用
メディアセンター案内、検索の方法(服飾関連)、情報倫理

7回 大学での学びに向けて(1)
講義の聞き方、ノートの作り方など

8回 大学での学びに向けて(2)
レポートの書き方など

9回 大学での学びに向けて(3)
文章力アップの秘訣①(引用方法・わかりやすい文章のコツなど)

10回 大学での学びに向けて(4)
文章力アップの秘訣②(手紙の書き方・メール文の書き方など)

11回 プレゼンテーションの方法
パワーポイントの基礎的技能の習得(各自でテーマに沿って作成)

12回 問題の発見と解決(1)
各自でテーマに沿ったプレゼン調査・立案の作成

13回 問題の発見と解決(2)
テーマごとに班分けし、プレゼン調査・立案の作成

14回 問題の発見と解決(3)
発表、発表の見直しと改善、調査報告書の提出

15回 基礎ゼミのまとめ
半期間の感想、これからの学生生活や就職・進学に役立てる

【教科書名】 『基礎ゼミ・テキスト』(Web版)

【参考図書】 必要に応じて紹介する。

【評価方法】 提出物(調査計画書・調査報告書・コメント・感想)40%、発表30%、授業への取り組み30%。

【履修について】 なし

【事前・事後学習等】 教科書や配布された資料をくり返し読み、理解に努めること。課題にしっかり取り組むこと。

【キーワード】 manaba course/プレゼンテーション

【備考】 学習の進度に応じて適宜指示を行う。教室などが一部変更となることがある。