【テーマ】 すべての人々に利用しやすい製品と環境デザインである「ユニバーサルデザイン」及び「安全に安心して、より快適に暮らせるすまい」について可能な限り、具体的事例を基に概説する。

【授業概要】 ユニバーサルデザインとは何か、およびその現状を解説する。公共建築やまちなどについて様々な視点から解説する。体験学習として車いす等の福祉用具を使い、ユニバーサルデザインの視点から大学キャンパスの点検を行い考察する。また、高齢者や障がい者のある方を中心に、すまいの状況や関連制度、高齢社会での居住環境のあり方をあわせて解説する。福祉住環境コーデイネーター試験にも対応する講義とする。

【到達目標】 誰にとっても、差別なく、安心して暮らすことができる制度や社会のあり方、高齢者社会における居住環境のあり方を理解する。

【学位授与方針】 生活と福祉を総合的、科学的、実践的に考察できる力量を身につけている。

【授業計画】

1回 ガイダンス
ユニバーサルデザインの概説。まちの中のユニバーサルデザイン

2回 ユニバーサルデザインの基礎1
日常生活に困難をもたらす様々な身体的特徴や疾患

3回 ユニバーサルデザインの基礎2
建築物のユニバーサルデザイン。福祉用具の種類や役割

4回 ユニバーサルデザインの基礎3
車いすや高齢者疑似体験グッズを利用した大学構内の点検

5回 ユニバーサルデザインの基礎4
公共施設を対象とした建築空間のユニバーサルデザイン

6回 ユニバーサルデザインの基礎5
道路・公園・交通機関など、まちのユニバーサルデザイン

7回 安全に安心して暮らせる住み続けられる住環境1
ライフスタイルや家族構成にあったすまいのあり方

8回 安全に安心して暮らせる住み続けられる住環境2
すまいの地震被害や家庭内事故の状況からみた住まいの安全性

9回 安全に安心して暮らせる住み続けられる住環境3
住宅構法の種類及び図面の見方。住みやすい住まいとは

10回 安全に安心して暮らせる住み続けられる住環境4
高齢者や障がい者のある方のすまい改善や改修のあり方の概要

11回 安全に安心して暮らせる住み続けられる住環境5
住宅改修や改善の部屋別・デイテールのあり方

12回 安全に安心して暮らせる住み続けられる住環境6
介護保険や住宅助成金等とすまい

13回 安全に安心して暮らせる住み続けられる住環境7
高齢者を中心とした福祉施設や高齢者住宅などの現状

14回 レポートの作成
講座で学んだユニバーサルデザインに係るレポートを作成する

15回 ユニバーサルデザインのまとめ
ユニバーサルデザインを整理の上、普及方法を考える

【教科書名】 特に無し

【参考図書】 必要に応じて紹介する

【評価方法】 各講義終了時に提出する小レポート及び受講態度を含めて総合的に評価する

【履修について】 ユニバーサルデザイン演習とあわせて履修すること

【事前・事後学習等】 すまいやまちを観察し誰にとっても安全で利用しやすい工夫を探し、見つけ出せる努力を重ねてください。

【備考】 特に無し