【テーマ】 被服構成学の知識を基礎として、被服構成のための基礎的技術を習得させる。立体構成の衣服との違いを理解し、製作を通して平面構成の和服に親しみ、伝統衣装を理解する態度を養成する。

【授業概要】 浴衣の製作を通して、和服の構造と寸法設定、縫製法、着装法、収納法を理解させる。製作ノートに本時のねらい、製作上の留意点、自分の取り組みと反省、次回の予定を毎回記入させる。ミシン縫製を中心とするが、布端の始末には手縫いの技法を用いてその特徴を理解させる。最終回には自ら着装させ、洋服とは異なった動作性を確認させる。

【到達目標】 被服構成のための基礎的な技術・技法を習得する。平面構成の特徴を理解する。日本の伝統衣装に親しみ、理解しようとする態度を身につける。

【学位授与方針】 生活と福祉を専門的知識と技術によって、改善できる力量を身につけている。

【授業計画】

1回 大裁ち女物単長着の形態と特徴
形状と各部の名称を理解し構成部位と布の必要量を考える。

2回 体型把握と寸法設定
製作に必要な身体寸法を計測し、各部位の寸法を設定する。

3回 縫製技法の理解
手縫いの基礎的な技法を習得し、それを使用する部位を確認する。

4回 布地の見積もりと検反、柄合わせ
布地の検反をし、柄合わせを考えながら折り積りをする。

5回 布地の裁断と背縫い
布地を各部に裁断し、背縫いをする。

6回 各部のしるしつけ
袖、見頃、衽、衿各部のしるしつけをする。

7回 袖作り
袖下の袋縫い、地縫い、袖口の三つ折りぐけ、袖の丸みを整える。

8回 肩当、居敷当のつけ方
肩当、居敷当を背縫いに縫い付ける。

9回 衿下の三つ折りぐけと衽つけ
衿下の三つ折をし、衽をつけ、縫い代の始末をする。

10回 共衿、衿つけ
共衿を衿にとじつけ、衿をつける。

11回 三つ衿芯つけ、衿先のまとめ
三つ衿芯をつけ、衿先の四つ止めをして衿先の縫込みをまとめる。

12回 脇縫いと縫い代の始末
脇を縫い、脇縫い代の分量によって縫い代の始末の方法を変える。

13回 袖つけ
袖をつける。振りの始末をする。

14回 仕上げ
裾や肩当の始末、袖つけや身八つ口止まりを閂止めする。

15回 着装
着装方法と半幅帯の結び方を学ぶ。日常動作性を確認する。

【教科書名】 プリント教材

【参考図書】 「被服製作の科学」松山容子編著 建帛社

【評価方法】 作品とレポート(製作の記録)

【履修について】 被服構成学を同時に受講すること。

【事前・事後学習等】 用具等を整えプリントをよく理解すること。前回までの到達目標をクリアしてから授業に臨むこと。遅れた分は宿題とする。

【備考】 教職課程履修の学生を対象とするが、教室に余裕がある場合に自由選択の学生を受け入れる。