【テーマ】 食品とはどのようなものかを,分類ごとに概説する.植物性食品,動物性食品,油脂類,調味料,嗜好品,食品添加物等について説明する.また,それらの加工・貯蔵についても解説する.

【授業概要】 数多くの食品を分類別に学ぶことで,食品に関連する知識を深めていく.授業はスライドを各テーマごとに提示しながら行う.多くの食品について解説していくので,出来る限り食品の写真等も提示する.

【到達目標】 身近な植物性食品や動物性食品等の成分や特徴について理解し,微生物利用食品や遺伝子組換え食品,機能性食品についても理解を深める.

【学位授与方針】 生活と福祉を総合的、科学的、実践的に考察できる力量を身につけている。

【授業計画】

1回 食品の分類
食品の分類について説明する.

2回 植物性食品とその加工品①
穀類の特徴および成分の特性を説明する.

3回 植物性食品とその加工品②
芋類・豆類・種実類の特徴および成分の特性を説明する.

4回 植物性食品とその加工品③
野菜類の特徴および成分の特性を説明する.

5回 植物性食品とその加工品④
果実類・きのこ類・藻類の特徴および成分の特性を説明する.

6回 動物性食品とその加工品①
魚介類の特徴および成分の特性を説明する.

7回 動物性食品とその加工品②
食肉類の特徴および成分の特性を説明する.

8回 動物性食品とその加工品③
乳類・卵類の特徴および成分の特性を説明する.

9回 油脂・調味料
油脂・調味料の特徴および成分の特性について説明する.

10回 嗜好品
茶や清涼飲料水等の嗜好品の特徴や成分の特性について説明する.

11回 発酵食品
微生物利用食品について説明する.

12回 食品の安全性
食品添加物の種類や安全性について説明する.

13回 機能性食品
機能性食品とはどのような食品なのかを説明する.

14回 遺伝子組換え食品
遺伝子組換え食品の現状について説明する.

15回 トピックスとまとめ
食に関連するトピックスとこれまでの授業のまとめと試験を行う.

【教科書名】 特に指定しない.

【参考図書】 必要に応じて紹介する.

【評価方法】 小テスト,試験設定期間中に試験を行う.試験の点数(80%),授業への取り組み方(20%)を総合して評価する.

【履修について】 食品科学を履修していることが望ましい.

【事前・事後学習等】 各授業の予習(1.5h)復習(1.5h)は必須である.

【備考】 食品の分類毎に,代表的な食品について学ぶので,常に身近な食品を注意深く観察し,情報を得ておくこと.