【テーマ】 私たちが生きていく上で必要な農作物がどのような作業を経て生産され,消費者に届けられているのか,農作業を体験しながら農業について総合的に理解できるように概説する.

【授業概要】 年間を通じた農作業(グループワーク)等を体験する.千葉県佐倉市の和洋女子大学佐倉セミナーハウス,静岡県藤枝市の静岡大学農学部附属地域フィールド科学教育研究センターの藤枝フィールド,その他施設見学等を通して,農業について総合的に学習し,その成果を発表する.なお,各実習への参加は事前登録制とする.

【到達目標】 農作物の生産・利用における体験的・探求的な実習を通じて,農業に関する基礎的な知識や技術を理解し,農業への興味・関心を高め,得られた知識を学生生活や社会において活用する.

【学位授与方針】 生活と福祉を総合的、科学的、実践的に考察できる力量を身につけている。

【授業計画】

1回 オリエンテーション 和洋女子大学内
授業の内容および進め方等について概説する.

2回 事前学習 和洋女子大学内
農業実習の準備,その他必要な内容のグループワークを行う.

3回 農業実習 千葉県佐倉市①-1
佐倉セミナーハウス内の茶畑で,茶摘みを行う.

4回 農業実習 千葉県佐倉市①-2
佐倉セミナーハウス内で,緑茶の簡易製造等を行う.

5回 農業実習 千葉県佐倉市②
佐倉セミナーハウス内で,茶畑の管理実習を行う.

6回 農業実習 静岡県藤枝市①-1
茶の主産地である静岡県で茶摘み実習を行う.

7回 農業実習 静岡県藤枝市①-2
緑茶の機械製造,紅茶の手揉み製造実習を行う.

8回 農業実習 静岡県藤枝市①-3
茶畑の管理実習を行う.

9回 農業実習 静岡県藤枝市①-4
みかん園の見学と果実の摘果作業を行う.

10回 農業実習 静岡県藤枝市②-1
冬に備えるための茶園の手入れ作業を実施する.

11回 農業実習 静岡県藤枝市②-2
みかんの収穫実習を行う.

12回 農業実習 施設見学
農作物を活用している施設見学を行う

13回 農業実習 和洋女子大学内①-1
世界の茶の利用方法について学ぶ.

14回 農業実習 和洋女子大学内①-2
世界の茶の淹れ方と飲み方を学ぶ.

15回 まとめ
各自が参加した農業実習全般を振り返りレポートを作成する.

【教科書名】 特に指定しない.

【参考図書】 必要に応じて紹介する.

【評価方法】 実習および事前・事後の活動状況(50%),レポート内容(50%)について総合的に評価する.実習は前期および後期に実施されるため,後期に評価する.

【履修について】 宿泊実習は施設の関係で抽選することがある.

【事前・事後学習等】 農業や食料生産について,新聞やニュースなどにより,常に情報を得ること.

【備考】 初回のオリエンテーションは必ず出席すること.実習には交通費・宿泊費等の実費が必要.天候等により内容が変更になる場合がある.実習に関する諸連絡等のためにmanabaを利用する.実習に関連する疑問点等は,適宜教員に質問すること.