【テーマ】 現在まで受け継がれきた主に日本の児童文化について背景や成り立ちについて理解し、保育士として子どもが親しむことができる児童文化財、文化の伝承について考え、保育実践に向けた資質能力の向上を目指す。

【授業概要】 子どもを取り巻く児童文化、児童文化財について理解を深め、絵本・紙芝居・ペープサート等の児童文化財を用いて、保育実践における演じ方や子どもの発達や興味・関心に沿った内容について体験的な学びを修得できることを目指す。

【到達目標】 児童文化、児童文化財や特性について理解を深め、保育において子どもに伝える方法を探りながら実践につなげられるようになる。さらに、子どもが児童文化に親しむ保育環境について学び、保育実践において子どもと楽しむ力量を養う。

【学位授与方針】 実験・実習・演習を通じて、豊かで幸せな暮らしをデザインする高い実践力を獲得している。

【授業計画】

1回 保育における児童文化、児童文化財の位置づけと意義
児童文化、児童文化財の歴史と保育における位置づけを理解する。

2回 受け継がれる児童文化、児童文化財について
国内外の児童文化、児童文化財について理解を深める。

3回 児童文化財の特徴と演じ方①(絵本・紙芝居)
絵本・紙芝居の特徴と演じ方について理解する。

4回 児童文化財の特徴と演じ方②(手遊び・素話)
手遊び・素話の特徴と演じ方について理解する。

5回 児童文化財の特徴と演じ方③(ペープサート・パネルシアター)
ペープサート・パネルシアターの特徴と演じ方について理解する。

6回 絵本の読み聞かせの実際①(保育における絵本とは)
絵本の位置づけと教材としての絵本について理解する。

7回 絵本の読み聞かせの実際②(季節、発達、興味・関心に沿った絵本とは)
年齢、発達等に沿った絵本の選択について知る。

8回 絵本の読み聞かせの実際③(絵本読み聞かせの実演)
絵本の読み聞かせの特徴や配慮を理解した上で実演する。

9回 紙芝居の演じ方の実際①(保育における紙芝居とは)
紙芝居の位置づけと教材としての紙芝居について理解する。

10回 紙芝居の演じ方の実際②(季節、発達、興味・関心に沿った紙芝居とは)
年齢、発達等に沿った紙芝居の選択について知る。

11回 紙芝居の演じ方の実際③(紙芝居の実演)
紙芝居の読み聞かせの特徴や配慮を理解した上で実演する。

12回 ペープサート・パネルシアターの演じ方の実際①(教材検討)
ペープサート・パネルシアターの作成に向けた教材を研究する。

13回 ペープサート・パネルシアターの演じ方の実際②(教材作成)
ペープサート・パネルシアターの作成を行う。

14回 ペープサート・パネルシアターの演じ方の実際③(教材発表)
作成したペープサート・パネルシアターを実際に演じる。

15回 まとめ(子どもにとって児童文化、児童文化財とは)
子どもが親しむ児童文化、児童文化財とはどのようなものか、自身の考えをまとめる。

【教科書名】 適宜資料を配布する。

【参考図書】 「平成29年告示保育所保育指針解説」

【評価方法】 課題50%、発表30% 参加態度20%により総合的に評価する

【履修について】 日頃から児童文化について興味・関心を持つことが望ましい。

【事前・事後学習等】 事前学習:次回テーマについて指示された課題を行う(1時間程度)
事後学習:当該授業の内容整理、コメントの記入(1時間程度)

【備考】 授業内は、私語を控え積極的な態度で課題、話し合い等に参加することを望む。