【テーマ】 保育者として必要な演奏の基礎的な技能や音楽の仕組み(楽典)を習得し、子どもの歌に伴奏をつける基礎を学ぶ。さらに、保育現場で取り扱う教材に親しみ、豊かな表現ができるようになる。

【授業概要】 音楽活動や演奏に必要な知識、技能(楽譜の読譜、演奏技能、楽典)についての基礎を学ぶ。授業はピアノの個人指導とグループ授業で構成し、ピアノ演奏技術と音楽表現の基礎を習得する。

【到達目標】 ①ピアノ演奏の技術、音楽表現の基礎を習得している。 ②音楽の規則や仕組み(楽典)を理解している。③コードにならって子どもの歌に伴奏をつけることができる。

【学位授与方針】 実験・実習・演習を通じて、豊かで幸せな暮らしをデザインする高い実践力を獲得している。

【授業計画】

1回 初回授業ガイダンス
授業の説明、個々の読譜の程度確認。

2回 演奏にあたっての基本
練習曲群①:基本姿勢/楽譜の読み方、演奏法の説明。

3回 演奏にあたっての基本の確認
練習曲群①:子どもの歌①

4回 様々な拍子感とテクニック的奏法
練習曲群②:子どもの歌:①伴奏形の特徴とフレーズ 

5回 様々な拍子感とテクニック的奏法の確認
練習曲群②:子どもの歌①弾き歌いで演奏する。

6回 音階、付点やシンコペーション等のリズムの奏法
練習曲群③:子どもの歌②

7回 音階、付点やシンコペーション等のリズムの奏法の確認
練習曲群③:子どもの歌②:伴奏付け:ハ長調の主要なコード説明。

8回 強弱記号と速度表記、楽語の説明
練習曲群③:子どもの歌②:伴奏付け:前回の確認。

9回 強弱記号と速度表記、楽語の確認
練習曲群③:子どもの歌②:伴奏付け:課題A。

10回 3度、6度の重音奏と保持音を学ぶ
練習曲群④:子どもの歌③:伴奏付け:課題A

11回 3度、6度の重音奏と保持音の確認
練習曲群④:子どもの歌③:伴奏パターンを学び、実践。

12回 素早い和音への移動等の習得
練習曲群④:子どもの歌③:伴奏付け:課題B。

13回 クラス内発表
今学期に取り組んだ3曲の子どもの歌を振り返り、クラス内で発表。

14回 これまで学んだ中から1曲を選択し復習、発展
練習曲群④:伴奏付け:課題C。

15回 実技試験
今学期に取り組んだ練習曲群から1曲振り返り、クラス内で発表。

【教科書名】 バーナムピアノテクニック導入書、1巻・幼児のための音楽教育 教育芸術社 等より

【参考図書】 なし

【評価方法】 実技試験70%、授業内課題等30%を総合的に評価する。

【履修について】 なし

【事前・事後学習等】 毎授業で担当講師から受ける宿題(個々の能力によって曲数に変動あり)に取り組み、日々練習を積み重ねる。

【備考】 なし