【テーマ】 子どもや子育てをめぐる現状、保育所保育指針における保育の基本となる考え方を理解し、保育の思想と歴史、子どもをどう理解するか、保育者のあり方について考える視点を得る。

【授業概要】 保育の意義、保育所保育指針において書かれている内容、保育に関する法令、制度、歴史的変遷や思想、保育の現状と課題について解説し、保育者としてのあり方や子どもにどうかかわっていくかについて考察する。

【到達目標】 保育の意義と目的、保育に関する法令・制度を理解する。保育所保育指針における保育所保育の原則、保育の内容と方法の基本について説明できる。めざす保育のあり方について自分の考えを述べることができる。

【学位授与方針】 身近な生活課題や現代社会の諸問題について、生活者の視点からアプローチする力を身につけている。

【授業計画】

1回 現代社会と保育(1)
保育の意義と目的、保育における養護と教育

2回 現代社会と保育(2)
保育に関する法令・制度、保育の実施体系

3回 保育の原点(1)
子どもを理解するとはどのようなことか

4回 保育の原点(2)
子ども理解の試み

5回 保育・幼児教育の基本(1)
保育所保育指針にみる保育所保育の基本原則

6回 保育・幼児教育の基本(2)
保育の内容と保育の基本

7回 保育の計画と実践(1)
子ども理解に基づく計画

8回 保育の計画と実践(2)
保育の計画に基づく実践・記録・評価・改善

9回 西欧の保育の思想と歴史(1)
西欧における保育の創成

10回 西欧の保育の思想と歴史(2)
保育の発展に影響を与えた人、様々な実践を試みた人達

11回 日本の保育の思想と歴史(1)
日本における保育の創成

12回 日本の保育の思想と歴史(2)
幼稚園の充実と保育所の充実

13回 日本の保育の思想と歴史(3)
戦後の保育の発展

14回 諸外国の保育の現状
フランス、ドイツ、アメリカ、レッジョエミリアの保育について知る

15回 日本の保育と幼児教育の課題
社会の変化と子どもの遊び、保育者に求められるもの

【教科書名】 『シードブック 三訂保育原理』建帛社

【参考図書】 授業時に紹介する

【評価方法】 試験60%、参加態度20%、課題20%により総合的に評価する

【履修について】 なし

【事前・事後学習等】 事前学習:次回授業の内容についてテキストの該当箇所をよく読んでおく
事後学習:授業で配布されたプリントを読み返し、課題に取り組む

【備考】 なし