【テーマ】 「見る」を共通テーマとした4つの講義を行い、それぞれの講義に関して質疑応答を実施することによって講義の内容への理解を深める。4つの講義のテーマと概要、担当者などは授業計画を参照のこと。

【授業概要】 佐倉セミナーハウスでの1泊2日の合宿を通じて、個々のテーマによる講義をもとに、共通テーマを教員と学生がともに考え、大学における受講の基本的なあり方を学ぶ。また、レポートの書き方について学び、教員と学生、あるいは学生同士の親睦をも深める。

【到達目標】 各講義の内容を理解しながら、共通テーマについて考えるようになる。見学を通して文化への視野を広げる。質問や討論をする意義を知り、大学の授業に対する姿勢や心得を身につける。

【学位授与方針】 各時代、諸ジャンルの日本文学に関する広く深い知識、作品を評価する能力と見識を有している。(日文)
健やかな心と強い精神力を身につけている。(書道)
多様な文化事象への豊かな感受性と幅広い理解力を身につけている。(文芸)

【授業計画】

1回 事前指導
セミナーの目的と内容について説明を受ける。

2回 イントロダクションおよびテーマ「見る」について
セミナーの導入として、「見る」というテーマの問題設定について説明を受ける。

3回 講義(1)「みる」ということについて 湯澤聡
ものの見方について、<見る><観る>その違いについて考える。

4回 講義(1)についての質疑応答
講義(1)について、質疑応答の上、考察を深める。

5回 講義(2)整版本の刊・印・修 三澤成博
同じように見える本について、特に版本の新旧の違いを検証する。

6回 講義(2)についての質疑応答
講義(2)について、質疑応答の上、考察を深める。

7回 講義(3)近代文学における「見る」こと 佐藤淳一
谷崎潤一郎の文学が「見る」ことをどのように表象しているか検討する。

8回 講義(3)についての質疑応答
講義(3)について、質疑応答の上、考察を深める。

9回 講義(4)見えないものを「見る」 大塚千紗子
上代文学作品を対象に「見る」行為の宗教的意味と特質とを考察する。

10回 講義(4)についての質疑応答
講義(4)について、質疑応答の上、考察を深める。

11回 総括
4つの講義を通してテーマ全体についての総括をする。

12回 アカデミック・ライティング指導(1)
レポートの書き方について説明を受ける。

13回 アカデミック・ライティング指導(2)
レポートの書き方について説明を受ける。

14回 レポートの作成
セミナーについてのレポートを作成する。

15回 事後指導
レポート提出に備える。

【教科書名】 講義ごとにプリントを配布する。

【参考図書】 講義ごとに提示する。

【評価方法】 セミナーへの参加意欲・姿勢とレポートにより、総合的に評価する。

【履修について】 佐倉セミナーハウスにおける1泊2日の参加を原則とする。

【事前・事後学習等】 各講義のプリントを読んでおくこと。事後においてはレポート作成のための復習と資料収集に努めること。

【備考】 健康に留意して2日間のセミナーに臨んでもらいたい。各講義や見学に対する意見や疑問をできるだけ取り上げ、ディスカッションなどを通して、それらに答えていく。